Sample Company

DCS:ダイレクトコンサルティングサービス

現在、消費税増税を控えての対応で忙しくさせて頂いており、ホームページリニューアルも思う様に進んでいない状況です。
DCSの実施予約は10月末日迄埋っており、今からの受付は11月以降の実施となります。

「ダイレクトコンサルティングサービス(DCS)」は、現在申込受付中の対応だけで10月末日迄の予約が埋まっている状況です。
10月1日の消費税増税を控えていることから、実施に伴い状況の変化も出てくるかと思われますので、これからの申込は令和2年1月以降の実施対応となりそうです。

消費税増税が落ち着けば、2件~3件/1ケ月のDCSの実施計画に戻せそうです。
令和2年1月以降の実施ながら申込受付は可能です。ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承の程宜しくお願い致します。

ダイレクトコンサルティングサービス対応地域

クライアントの実店舗に直接お伺いしてコンサルティングを行っています。
対応地域:東北6県(青森県・秋田県・岩手県・山形県・宮城県・福島県)、新潟県北部、栃木県北部、茨城県北部等の東北地方に隣接する地域限定での対応となります。

上記以外の地域でも別途ご相談の上対応させて頂く事は可能ですが、申込前に一度お問合せ下さい。

DCSを利用された経営者の日頃は

DCSをご利用下さる経営者の方は、それぞれ色々な理由がある様ですが、基本的な理由は「売上」「利益」「商売繁盛」と言えるのではないかと思います。

そんな経営者の方々は以下の様な事を日頃から行なったり考えていた様です。

 ・店舗での売上をもっと増やしたい。
 ・いろいろやるものの結果が出てこない。
 ・コンサルティングを利用したがダメだった。
 ・セミナーに参加し実行したが結果が出なかった。
 ・何をどうすれば良いのか分からない。
 ・アベノミクスの恩恵はまだまだ現れない。
 ・他に店も良くないみたいだし仕方がない。

実際にクライアントの店舗にお邪魔してヒアリングを行いますと、コンサルティングにお申込み下さるのですから、意識的には非常に強いものをお持ちになっていると言うのが正直な感想です。

意識が強い事は良いのですが、信念と言うか考えがしっかりと定まっていないために、何かと半端な対応になってしまっている経営者の方を多く見てきました。

中途半端と言うのには語弊があるかも知れませんが、芯が1本通っていないためにあちらもこちらもと手を出してしまい、どれも半端な対応になってしまっている感じです。そして結果も半端なものに。結果が半端という事は、売上に結び付ける事が出来ていないという事になります。

ある程度の高い意識を持っているのであれこれ手を出すのですが、結果が伴わないため意欲も薄れてしまうと言う弊害を生み出しています。

先ずクライアントの店舗を訪問して、経営者とのヒアリングを行うのがDCSですが、その時に「頑張っておられますよね。」と聞きますと、ほぼ皆さん「それなりに頑張ってはいるんだけど、結果がね。」と、この様な意味の言葉を返してこられます。その後に出てくるのが、結果を出せずにいる理由が並べられます。少々キツイ言い方になってしまうのですが、この時点でアウト!です。

ここから先は完全に私見になりますので、経営者の中には憤慨される方も出てくるのではないかと思います。

結果を出せずにいる経営者の、結果を出せない理由なんて事は、ハッキリ言ってどうでも良いのです。
経営者と言うもの、寝る間も惜しんで1日20時間働いても、1日2時間しか働かなくても、私はどっちでも良いと思っています。

経営者が行うべきことは、結果を出すという事です。そのために頑張るのは当たり前だと思っていますし、頑張らなくて1日2時間しか働かず、他の時間はパチンコしている。こんな経営者でも結果を出せているのならば有りだと考えます。

要は、働いた時間や頑張りではなく、結果となる売上であったり利益、稼いでいるか稼いでいないかでしか、経営者の能力を判断する事はできないと思っています。

勿論、素晴らしい経営者というものはそれなりの努力や勉強を惜しみませんし、自己投資も惜しまないでしょう。しかしながら、それを前面に出したりする事はしません。素晴らしい経営者にとっては、頑張るとか勉強すると言うようなことは当たり前の事で、それらは結果を出すためには普通に必要である事だと認識できているからです。

結果を出されている経営者は、自分の考えている結果(目的)に向かって、結果を出すために何が必要であるか、何をしなければならないかをしっかりと認識して、日々の経営を行っておられますので、必然的に結果を得ることが出来ているのです。

この事が認識できている経営者には、コンサルティングは特に必要ないでしょう。その次の段階として、別の意味での仲間や、メンターの様なものが必要となってくるのではないかと考えます。

実際ダイレクトコンサルティング(DCS)を利用された後に、プレミアムメールコンサルティング(PMCS)をメンターの様な形でご利用下さるクライアントも数多くいらっしゃいます。

DCS:ダイレクトコンサルティングサービスについて

実店舗経営者で何らかのコンサルティングやセミナーを受けた事のある方は、結構いらっしゃるものです。
しかしながら、結果を出せていないと言う経営者が多いのも、残念ながら悲しい現実です。

では、なぜ結果を出す事が出来ないのでしょうか。

クライアントが100件(100店舗)あれば、100件すべての店舗に対するコンサルティング内容が異なってくると言うのが現実です。
この現実を理解する事なく、コンサルティング側も経営者側も、この方法が良いのだから、この方法でと実行されて、何の結果を得ることも出来ずにいる場合を目にすることが多々あります。

より良い結果を得るためには、現状を把握する事から始めなければなりません。
こんさる@だんねっとは、メールコンサルティングも提供させて頂いておりますが、メールだけでは現状を把握する事が難しい場合もありものです。

「百聞は一見に如かず」と言うことわざがあります。現在多く用いられている意味は「百回聞くよりも一度見た方が良い」と言う意味で用いられていますが、本来の漢文の「百聞不如一見」の意味を調べてみて下さい。その意味からも、こんさる@だんねっとではDCSを提供させて頂いております。

巷に多い「経費削減一筋で、その削減額が利益となって返ってくる理屈でのコンサルティング」これだけは、後々最悪の結果を生み出す事になりますので、小規模零細企業や個人商店の場合は絶対に避けられた方が良いでしょう。

話を元に戻しますが、クライアントの現場にお邪魔させて頂き、店舗の立地条件から店舗の状況、経営者の経営方針・考え方を確認し、その店舗毎に合致した結果を出せる様コンサルティングを行わせて頂いております。

正しいコンサルティングを行えば必ず結果を得ることは可能なのですが、その結果を得るための行動を起こすのは経営者自身となります。どれだけ確実性の高いコンサルティングを行ったとしても、経営者が実行されない事には、結果を得ることはできません。ここが悩ましいところでもあります。

そこで、こんさる@だんねっとでは、巷で良く行われている施策に関してのコンサルティングに加えて、経営者の考え方・経営方針までを確認させて頂いた上で、経営者に対してのレクチャーをも実施しております。後者の方を重要視しております。

経営者の方、それぞれ立派なお考えをお持ちではあるのですが、その立派な考え方が、現実の店舗経営と合致しているとは限りません。経営者の方針に合わせて店舗を変更する、資金的・精神的に余裕があるのであれば、それもよろしいでしょうが、DCSにお申込下さる経営者の場合、その余裕をお持ちの方は先ずいらっしゃいません。店舗の変更が無理であるのならば、経営者に変わってもらしかないのです。

経営者の経営方針・考え方が、全く間違っているという事は、今までではありませんでした。ただほんの少しだけズレている。と言う場合が殆どです。このズレを修正する事が出来るだけで、その効果は非常に甚大なもので、直ぐに売上・利益と言う目に見える結果として得ることが可能です。

コンサルティングと言うと、多くの経営者の方が、具体的に何かの施策をどうこうするとお考えですが、もちろんその店舗に合致した施策を実行する事は非常に大切なことでもあります。しかしながら、経営者自身の考え方や経営方針がズレている場合には、どんなに素晴らしい施策をレクチャーしたとしても、なかなか結果に結び付けられないものです。

経営者自身の考え方や方針がしっかりしているのであれば、その方針に沿った形での施策をご提案させて頂きます。逆に、考え方がシッカリと定まっていない場合には、店舗に合った施策をご提案する前に、施策が最大限の効果を生す様に経営者自身の考え方や方針を改めて頂く場合も多々あります。

このため、クライアントの店舗に到着して先ず行うのは、これまでの業績の確認と経営者に対するヒアリングから入らせて頂いております。このヒアリングも、状況によっては数時間かけてのものとなる事も多く、深夜にまで及ぶ場合もありますので、お申込みされる方は覚悟の上お申込み下さい。しかしながらヒアリングによって、多くの経営者の考え方が改められ、施策による結果をより効率良く出される様になっております。ヒアリングを疎かにして、施策だけをレクチャーしたところで、期待の持てる結果を出せる場合は限られてくるものです。

各種施策も重要ですが、経営者自身の思考の方が重要です。

“こんさる@だんねっと”の今までの経験上、思う様な結果(売上/利益)を出せずにいるのは経営者自身の思考や考え方によるところが大きいと言えます。

ダイレクトコンサルティング(DCS)対応店舗

基本的に店舗で商売を営んでいらっしゃるのであれば、どのような店舗であっても対応可能です。
店舗を構えていない事務所での営業や、宿泊施設、サービス業等々、通常の商売であればほぼ全てに対応可能です。

これまでにDCSで対応させて頂いた業種・業態をお知らせしておきます。今まで対応していない店舗等でも対応可能ですので、気にせずご利用下さい。ご質問や不安な事がある様ならば、CONTACTページお問合せメールフォームよりお問合せ下さい。

飲食店 / 小料理屋・居酒屋・ラーメン店・和食店・そば店・お好み焼き店・焼き肉店・中華料理店・カフェ・レストラン 等
小売業 / 自動車部品・ブティック・カバン店・鮮魚店・パン店・米穀店・家具店・仏具店 等
サービス業 / 温泉旅館・理容院・美容院・ネイル・便利屋・宅配惣菜 等

結果を出したいと考えながらも、なかなか結果を出せずにいる経営者の方で DCSに興味のある方は、是非一度、ご検討頂ければと思います。

DCS:ダイレクトコンサルティングサービスのメリット

ダイレクトコンサルティング(DCS)を実施する事で、以下の様なメリットがもたらされています。
実際のクライアントにならないと分からない事ですが、利用すれば実感として得られるものです。

【 ダイレクトコンサルティング(DCS)のメリット 】
  1. 経営者の基本的な思考が変わります。
  2. 経営者の思考が変わることで、的確な行動に変わります。
  3. これまでの間違いを正す事ができます。
  4. やらなければならない事が理解できる様になります。
  5. 優先順位を正しく設定できる様になります。
  6. 消極的経営から積極的経営に変化します。
  7. 今までできなかった経営ができる様になります。
  8. 望むべき経営状況に近づける(超える)事が可能です。
  9. 大きな変化を手にする事が可能になります。
  10. 現状と異なる次のステップに進む事ができます。

   これらのメリットを享受するべくこの機会にDCSをご検討下さい。

ダイレクトコンサルティング(DCS)をご利用頂いた経営者が、DCS終了後にほぼ共通しておっしゃる内容に「今まで何やってたんですかね?」と言う内容の言葉を異口同音発せられます。

この言葉の裏に隠れている真意はどのような事なのでしょうか。
いろいろと想像することが出来ますが、現場を確認している“こんさる@だんねっと”が認識している真意は「こんなことすらできていないから結果が出せていなかったのか!」この辺りに集約できるのではないかと考えます。

コンサルティングと聞くとすごく難しい事と考えがちになるものですが、素晴らしい理屈の難しいことをレクチャーしても実行できるかどうかは未知数です。

中には、屁理屈に近い内容を勧めるコンサルタントや、やたらカタカナ言葉を使って難しくしているコンサルタント、ましてや理論だけを推し進めてくるコンサルタント。これでは結果となる売上を思うように得る事は出来ないものです。

真剣に売上を増加させ、利益を拡大したいと考えている経営者にとって必要なコンサルティングとは、実際に結果を出す事が出来る内容ではないでしょうか。

実際に結果の出せるコンサルティングとは、現状(店舗状況・経営者思考等々)に則した適切な内容をレクチャーできるかどうかではないでしょうか。
あなたは経営者として、この点をどうお考えになりますか!

“こんさる@だんねっと”のダイレクトコンサルティング(DCS)は、基本的に売上が増加しない店舗を直接確認しながら、阻害要因の把握と排除を先ずは目指します。だからこそ結果が出し易いと好評を得られるのかも知れません。

DCS:ダイレクトコンサルティングご利用料金

DCS(ダイレクトコンサルティングサービス)では、以下の2つのコースをご用意させて頂いております。料金に関しましては、下記利用料金の他に交通移動諸経費等々が加算されます。

2つのコースは「1日半+αコース」と「2日半+αコース」となります。
申込を頂いた後の見積り了承の上、正式依頼となりますので概算金額として了承するようにして下さい。

コース名 1日+αコース 2日+αコース
DCSご利用料金 550,000円~(税込) 880,000円~(税込)
宿泊数 2泊 3泊
備考 ・宿泊数に伴って宿泊諸経費30,800円(税込)/1泊が別途発生します。
・宿泊業の場合は、宿泊のご用意をお願いしております。
・下記一覧の交通移動諸経費が別途発生します。
・申込後の見積もりによって料金の確定となります。

近場で、宿泊の必要がない場合には、宿泊諸経費は発生致しません。
旅館・ホテル等の宿泊業の場合、現場確認も含めて宿泊のご用意をお願いしており、その際に宿泊諸経費は発生致しません。また、経営者個人のお宅への宿泊は遠慮させて頂いておりますのでご了承下さい。
宿泊の有無等によって金額が変動します。必ず見積確認・了承の上で正式にDCSをお請け致しております。

交通移動諸経費

交通移動諸経費一覧表は、山形駅を起点としたあなたの店舗までの片道の距離でご確認下さい。
(距離は、Googleマップによる検索で表示される最短時間での距離となります。)

距離は片道となりますが、記載されている交通移動諸経費は、往復で必要となる料金となります。DCS利用料金、宿泊諸経費、交通移動諸経費の合算された料金が、概ねの料金となります。

交通移動諸経費は、移動に費やす車両燃料代、有料道路料金、駐車場代等含まれた料金となり、税込料金です。
また移動手段が、他公共交通手段による場合も、掲載の交通移動諸経費が発生致します。ご了承下さい。
(個別見積地域に関しましては、別途お見積の上での対応となります。)

距離 交通移動諸経費 距離 交通移動諸経費 距離 交通移動諸経費
~30km 5,500円 ~50km 7,700円 ~100km 13,200円
~150km 18,700円 ~200km 24,200円 ~250km 29,700円
~300km 35,200円 ~350km 40,700円 ~400km 46,200円
~450km 51,700円 ~500km 57,200円 ~550km 62,700円
~600km 68,200円 ~650km 73,700円 ~700km 79,200円

見積依頼必須

上記の諸経費々の合算で金額はお分かり頂けるかと思いますが、近場であったり宿泊の有無等によって、ご利用金額は変動致します。必ずDCS申込ページからお申込の上、見積り金額確認の上で正式申込をお願いしております。

見積りにより金額決定後、DCS実施の日時を組ませて頂きます。またお支払等に関してのご要望等ありましたら、その旨、事前にご相談下さいます様宜しくお願い致します。可能な限り柔軟に対応させて頂いております。

DCS:ダイレクトコンサルティング申込

ダイレクトコンサルティング(DCS)へのお申込は下記バナークリックでメールフォームページからどうぞ。

DCSお申込は今すぐここをクリック!
チャンスを掴み取りますか!?チャンスを逃しますか!?

DCS:ダイレクトコンサルティングスケジュール

DCSは、あなたの実店舗にお邪魔して、たっぷりの時間を費やしてコンサルティングさせて頂く形になりますので、より適切なコンサルティングの実現が可能となります。

同じような施策であったとしても、店舗が異なれば、内容は同じことであっても、実際に実行する施策としては微妙に異なるものになり、店舗に合わせた形でアレンジしての活用が望ましいのが現状です。
多くの場合、知識的に施策をご存知の経営者なのですが、実際にご自身の店舗で実行されても思うような結果を出せずにいるという事は、経験されているのではないでしょうか。

現場を確認して、より適切なコンサルティングを実施することで、結果の出せる施策の実行が可能になるとでDCSは好評を得ています。

DCSの費用としては、前述の通りとなりますが、高いとお考えになるか、安いとお考えになるか、妥当な料金だと考えるかは、経営者の感覚によって大きく異なってくるものだと思います。
あなたがどのように受け止められたかは分かりませんが、実際に私が拘束される時間としては、移動時間等を入れて「1日+αコース」で約2日間、「2日+αコース」で約3日間となります。

結果の出せるコンサルティングです。現状打破したければご検討下さい。

DCSコース別スケジュール例

コース名 1日+αコース 2日+αコース
1日目

移動

15時以降
・店舗到着
・ヒアリングおよび資料受領


移動

15時以降
・店舗到着
・ヒアリングおよび資料受領
宿泊 宿泊
2日目 10時
・立地検証
・店舗検証
・経営者ヒアリング
13時
コンサルティング
・レクチャー
・現場作業等

終日
終了
10時
・スタッフ、従業員からのヒアリング


13時
・立地検証
・店舗検証
・経営者ヒアリング

終日

宿泊 宿泊
3日目 - 10時
・コンサルティング


13時
・レクチャー
・現場作業

終日
終了
- 宿泊

上記のスケジュール例は、あくまで一例に過ぎません。店舗の営業時間によっても異なってきますし、宿泊業等の場合には、全く異なるものとなりますのでご了承下さい。

DCS:ダイレクトコンサルティングアフターフォロー

申込み頂きDCSを実施させて頂いた後の、アフターフォローとして2ケ月間のMCS(メールコンサルティングサービス)を行っております。DCS(ダイレクトコンサルティングサービス)へのお申込は、下記バナーをクリックしてお申込メールフォームよりお申込み下さい。

基本的にこちらから、「その後どうですか?」「あれは実行しましたか?」等々のメールでの確認等は行いませんが、クライアントからの質問やお問合せ等には、2ケ月間に渡り、MCSを適用させて頂いてのアフターフォローを実施させて頂いております。

2ケ月間あれば、大抵の場合は、DCS後の目途が立ちますし、自分なりの動きが可能になってくるものと思われます。MCS2ケ月分の料金が発生すること無くサービスでの提供となり、別途料金が発生する事はありません。

3ケ月以降の、メールによるフォローが必要な場合は、1ケ月単位でのMCSのご利用も可能ですし、1ケ月間のメール数に制限等の無いDCSご利用者だけへのPMCS(プレミアムメールコンサルティング)のご利用も可能です。

お邪魔したその後は放置では無く、責任を持ってアフターフォローさせて頂きます。安心してDCSお申込み下さい。

あなたが諦めない限り、こんさる@だんねっとも諦めません!

DCS:ダイレクトコンサルティング申込

現在のお申込には下記特典が付与されますので、この機会にお申込下さい。

メールコンサルティング(MCS)2ケ月間無料サービス

本文オファー内でもご案内の通り、DCS後のアフターフォローとしてMCSを2ケ月間無料で提供させて頂きます。 アフターフォローもしっかりしておりますので、安心してDCSをご利用頂けます。46,200円相当(税込)

プレミアムメールコンサルティング(PMCS)1ケ月間無料サービス

上記MCS終了後に継続してのPMCSへお申込頂いた場合には、PMCS1ケ月分をサービス提供させて頂きます。無料MCS利用後に継続してのPMCS1ケ月申込の通常申込が必要になります。PMCS1ケ月分の申込で2ケ月間のご利用となります。しておりますので、安心してDCSをご利用頂けます。88,000円相当(税込)

DCS:ダイレクトコンサルティング申込

ダイレクトコンサルティング(DCS)へのお申込は下記バナークリックでメールフォームページからどうぞ。

DCSお申込は今すぐここをクリック!
チャンスを掴み取りますか!?チャンスを逃しますか!?
あなたの決断次第です!!